LGBTフレンドリー

ジェンダーやセクシャリティーの話【LGBTQ・ヘテロ問わず】

こんばんは。渋木です。

昨今、LGBTという言葉が広く世間にも浸透し、全国の自治体で同性パートナーシップ制度が制定されたり、いくつかの学校機関でも性別を問わない制服・髪形の自由化が進むなど、ほんの数年前と比べても性に関する制度上の進歩が強く伺えます。

LGBT(エル・ジー・ビー・ティー)とは、女性同性愛者(レズビアン、Lesbian)、男性同性愛者(ゲイ、Gay)、両性愛者(バイセクシュアル、Bisexual)、トランスジェンダー(Transgender)の各単語の頭文字を組み合わせた表現である。
LGBTという用語は「性の多様性」と「性のアイデンティティ」からなる文化を強調するものであり、「性的少数者」という用語と同一視されることも多々あるが、LGBTの方がより限定的かつ肯定的な概念である。当事者とされる者の一部は、LGBTという用語あるいは括りを用いることに対して、後述のような複数の問題があると、それぞれの立場から主張している。

ウィキペディア
https://ja.wikipedia.org/wiki/LGBT

いわゆるセクシャルマイノリティーが公の社会へ進出し、それに伴い世間の人々の認知も大いに変化したといえるでしょう。

しかし、こういった流れが急速に進むことで、セクシャルマイノリティーではない多数派、異性愛者(ヘテロセクシャル)と呼ばれる人々からすると、LGBTやセクシャルマイノリティーへの理解が追い付かない、理解しようにも、そもそも聞き慣れない単語が多くて難しい、覚えるのも大変だ、という気持ちが強いのではないかと思います。

無理もありませんよね。ただでさえ現代はおびただしい数の情報が溢れ返っています。そんな中、新しい知識を習得していくことは忙しい現代人にはとても困難なことです。

私は、自身がセクシャルマイノリティー当事者でありますから、学生の頃からセクシャリティーやジェンダーに強い関心があり、自主的に情報の収集に努めてきました。

そこで、「LGBTって最近よく聞くけど結局よくわからない」「セクシュアリティーってなに?」「ジェンダーレス男子って言葉も出てきたけど、ジェンダーっていったい何のこと?」といった疑問をお持ちの皆さんのお役に立てるよう、浅学ながら少しお話したいと思います。

きっと今回だけでは話しきれませんので、書ききれない分はまた今度書きます。と言っても、基本的にとりとめのない話も多くなると思いますので、お暇がある時にお付き合いください。

今回はまず、「性」の概念についてです。

結論から言うと、性は「男」「女」の2種類だけではありません。性はグラデーションです。

現在の日本では、性別は出生時の身体的・遺伝的特徴で決定されます。これを専門用語では「身体的性別、セックス(sex)」といいます。男性器があれば男性、女性器があれば女性といった具合です。当然といえば当然ですね。

しかし、世の中には生まれながらにして女性と男性両方の遺伝的特徴を併せ持つ、いわゆる両性具有の人もいます。男女のどちらにも分類できない人が存在する時点で、性別男女二元論が破綻していることが分かりますね。

そして性別には「社会的・心理的要因」によって決定される側面もあります。これを専門的には「社会的性別、ジェンダー(gender)」といいます。

社会的要因とはつまり、いわゆる「男性的である、男らしい」「女性的である、女らしい」といった、社会生活でその性別に対して期待される概念のことです。

一般的な男性らしさとは、たとえば「スポーツが好きで活動的」「人前で泣いたりしない」「堂々として寡黙である」「仕事をしてたくさんお金を稼ぐ」「性的なことに対してオープンに振る舞う」といったことが一例として挙げられます。

逆に女性らしさの例を挙げるとすると「おしとよかで上品」「感情的で喜怒哀楽が激しい」「かわいいものが好き」「結婚して家事や育児に専念するのがよい」「化粧をするのは当たり前で常に美しくなければならない」「男性を尊重するのが良い女性」といったところでしょうか。

私自身はどうだったかというと、幼い頃から母の化粧品に興味を持ったり、姉とおそろいのアクセサリーを欲しがり、セーラームーンの変身シーンのキラリと光るマニキュアに心ときめかせていました。これはきっと世間で言うところの「女の子らしい振る舞いや志向」だと言えます。ですが同時に私は、友達と一緒に遊戯王カードやスマブラで遊んだり、暗くなるまで外で駆けまわったりもしていました。こういった部分はいわゆる一般的な「男の子らしい振る舞いや志向」であるわけです。

これらはTPOによっては、周囲からポジティブにもネガティブにも捉えられる概念といえます。こういった「らしさ」に関する考えや印象は、社会規範によって定義づけられ、そして私たちの無意識の中に植え付けられているものです。

では心理的要因とはなんでしょうか。上述の社会的要因が「世間一般には男女はこういうもの」という考えが社会から個人へもたらされるものであれば、心理的要因とは「自分自身が思う、性のあり方」のことです。これを「性自認(Gender Identity)」といいます。

「自分の身体は女性で、自分自身も女性だと思っている」
「自分の身体は男性だが、自分自身では女性だと思う」
「女性的とされるものが好きだが、自分のことは女性とも男性とも思っていない」

人の性自認は千差万別です。多数派であるヘテロセクシャルのほとんどは、自分自身の身体的性別と性自認が一致しています。LGBTのTにあたる「トランスジェンダー」は、性自認と身体的性別の差異を持っている人のことを指します。

トランスジェンダーの中ではこの差異を解消するために、医療手術(性別適合手術)を受けて身体的性別を性自認に一致させる人もいます。医学用語では「性同一性障害(GID。性別不合という仮訳も厚労省から発表されていますが、今のところこちらが一般的な呼称)」と呼ばれ、現在の日本では医師からこの診断が下りない限りは性別適合手術を受けることはできません。GIDの呼称について、詳しくはこちら

私は「自分の身体が男性であり、それに対して特段違和感を覚えることはないが、自分自身を男性とも女性とも思わない」という性自認を持っています。この事から、性自認が男女どちらでもない人、あるいはどちらの要素も持っていると認識している人を指す「Xジェンダー」を自称しています。

トランスジェンダーの人とは違い、自分の身体の性別に違和感はありませんが、個人的には男性的にも女性的にもなりたくないです。どっちつかずな今の状態こそが自分にとっては自然な状態であるなと感じています。

以上、性の概念に関するお話でした。色々とややこしい部分も多く、理解するのに多少時間が必要かもしれません。

また、ジェンダーは広義な意味合いを持つ言葉でもあります。

「従来のジェンダー観が根強い」というと、男らしさ/女らしさといった社会的側面にフォーカスした文脈で使われていることが多いと思いますし、「ジェンダーレス」という表現は、既存の男らしさ/女らしさにとらわれずに「自分らしさ」を意識した、社会的・心理的側面の両方が強調されているといえるでしょう。

簡単にまとめると、

「性には身体的・遺伝的側面(Sex)と社会的・心理的側面(Gender)があり、男女の2つだけでは表現しきれない性がグラデーションのようにたくさん存在する」

ってことです。

今回はここまでです。次回はLとGとBへの理解を深める上で重要な「性的指向」についてお話しできればと思います。