プログラミング画面が表示されている液晶の画像

初心者はまずこれから!Gitの基本操作コマンドを紹介!

こんにちは、渋木景裕です。

今日は最近仕事の上でとてもお世話になっている「Git」のコマンドについて、私がよく使用するものを一部、まとめたいと思います。

この辺を覚えておけば、とりあえず基本的な操作はできると思います。さっそく見ていきましょう!

$ git fetch
$ git merge origin/master

Gitはリポジトリ(変更履歴が保存される場所、データベース)を複数人で共有して利用するリモートと個人のPC内で管理するローカルの2種類に分けて利用していくわけですが、リモートリポジトリの最新情報をローカルリポジトリに反映させるコマンドが上記の「git fetch」と「git merge origin/master」です。

「git fetch」でリモートリポジトリの最新情報をローカルリポジトリが持つorigin/master(リモート追跡ブランチ。リモートの更新情報のコピーにあたる)に差分を反映させます(リモートの内容がローカルに上書きされるわけではない!)。
ただし、これだけではリモート側の情報が得られただけで、その内容がローカルの物理的なファイルなどには反映されていません。

「git fetch」のあとに 「git merge origin/master」を使うことで、origin/masterの内容をローカルリポジトリ内の物理ディレクトリに反映させます。

ちなみにこの2つのコマンドを同時に行うのが「git pull origin master」になります。

$ git checkout [ブランチ名]

ローカルリポジトリの作業ブランチを[ブランチ名]で指定したブランチに切り替えるコマンドです。

$ git branch

現在参照できるブランチの一覧を表示するコマンドです。

$ git status

現在の状態(ワーキングツリー)を表示するコマンドです。
基本的にワーキングツリーに反映されていないままの情報は、リモートリポジトリに反映することはできません。そのため、後述するコマンドが必要となります。

$ git add .

Gitは先述のワーキングツリーから直接リポジトリに情報を登録するのではなく、間にインデックスと呼ばれる「リポジトリに反映する情報をまとめておく」場所(ステージ)が用意されており、「git add .」コマンドを打つことで、ローカルで変更したファイルすべてをインデックスにまとめる(ステージングするとも言います)ことが出来ます。

$ git commit -m '[任意のコメント]'

「git add .」でファイルのステージングが整ったら、あとは「git commit -m ‘[任意のコメント]’」を使って、ローカルリポジトリに変更内容を保存します。コメントを後ろにつけることで、どういう内容を保存したのか後から確認できるようにしましょう。
git log」コマンドで保存履歴や保存時のコメントを確認することも出来ます。

$ git push

ローカルリポジトリの内容をリモートリポジトリに反映させるコマンドです。これにより、自分がローカルで作業していた内容を、共同で作業している他の仲間にも共有することが出来ます。

かなり簡易的な説明になりましたが、この辺を覚えておけばとりあえずGitの操作は可能です。
今後もこの記事は折を見てリライトしていくつもりなので、何卒よしなにお願いしますね。